高齢者向け賃貸住宅とは

↓↓まずは地元の複数の老人ホームの資料請求をしてみましょう!(無料です)↓↓

老人ホーム・介護施設の検索なら【HOME'S介護】

高齢者向け賃貸住宅とは

高齢者向け賃貸住宅は、高齢者が老後の生活を安全に安心して居住できるように、

 

「バリアフリー化」され、「緊急時対応サービス」の利用が可能な賃貸住宅です。

 

有料老人ホームとの大きな違いは、契約が「利用権方式」ではなく

 

「賃貸借契約」であることが大きな特徴です。

 

高齢者向け賃貸住宅の種類は3種類あります。

 

高齢者円滑入居賃貸住宅
高齢者(60歳以上)の入居を拒まない賃貸住宅

 

高齢者専用賃貸住宅
高齢者(60歳以上)の入居を拒まない「高齢者円滑入居賃貸住宅」のうち、
専ら高齢者(60歳以上)を賃借人とする賃貸住宅

 

高齢者向け優良賃貸住宅
バリアフリー化と緊急時の対応サービスが行き届いた専ら高齢者
(60歳以上の単身・夫婦世帯)を入居対象とした賃貸住宅。
「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、各種の支援措置を受けることができます。

高齢者向け賃貸住宅は、「自立生活ができる人」も

 

「介護を要する人」でも入居できるように、多くの種類があります。

 

プライベートスペースも充実しており、入居者側の用途に合わせて選べぶ事ができるのが人気の秘訣と言われています。

 

要点を押さえておけば、賃貸マンション選びの感覚で選んでみても良いと思います。

 

マンション選び同様に資料(パンフレット)をできるだけ多く請求し、比較してみましょう!!

 

高齢者向け賃貸住宅の費用

高齢者向け賃貸住宅は、利用権方式ではなく権利賃貸借契約を採用しているため、

 

「入居時の費用が比較的安くすむ」ケースが多いと言えます。

 

家賃は一般の賃貸住宅同様で立地や仕様により異なります。

 

およその月額費用で12万〜20万円です。

 

介護サービスは希望により別契約になります。

 

高齢者向け賃貸住宅で費用も比較して、不明な点があれば直接問い合わせてみましょう。